筋トレとアルコールの関係性・問題点

結論から言いますが、アルコールを止められるのであれば筋トレ生活を始める前に止めて下さい。
良い事はなにもなく、筋トレにとって飲酒はマイナスにしかなりません。
アルコールを摂取すると、筋トレで期待できる効果が低くなってしまいます。

ですが、適度にお酒を飲んでいるマッチョがいる事も確かです。
ですから、絶対にアルコールを摂取してはいけないというわけではありません。

どうしてもお酒を飲みたいという方は糖質で判断しましょう。
判断の仕方自体はかなり単純です。
「糖質ゼロ」ならば、基本的に飲んで良いです。

でも、とにかく「ゼロ」じゃないと駄目です。
「糖質○パーセントオフ」などでは全くもって甘いです。
とにかくゼロ、ゼロ、ゼロです!

お酒が筋トレに及ぼす3種の悪影響

1:テストステロンが出にくくなる

テストステロンとは筋トレを行うと分泌される成分の事です。
このテストステロンがきちんと出てくれないと、筋トレを行っても効果は期待できません。

つまり、アルコールを摂取した日に筋トレを行っても意味がないという事です。
反対に「筋トレが終わったし、ちょっと一杯……」というのも当然厳禁です。
その日行った筋トレが台無しになってしまいます。

2:オールアウトできなくなる

オールアウトとは「筋トレをはじめとしたトレーニングを行って限界を迎えること」です。
一日単位での筋トレの目標は、基本的にこのオールアウトを迎える事であると言えます。

ですが、アルコールが体内に入ってると身体がマヒしてきます。
そして、限界を迎えていないのに筋肉が動かなくなります。
と言いますか、お酒を飲みつつ筋トレを行う事自体なんとなくナンセンスな気がしますよね(笑)。

とにかく、どう頑張っても無意味な筋トレになってしまうのです。

3:栄養素が吸収されにくくなります

ご存知の方も多いでしょうが、筋肉を大きくするためにはたんぱく質が必須です。
ですから、筋トレを行うと同時に、ささみ肉やプロテインを摂取してたんぱく質を補っていく事が重要になってきます。
ムキムキになりたいのであれば、一般的な食生活ではたんぱく質がまず間違いなく足りません。

ですが、アルコールを摂取していると、身体がそのアルコールを分解するだけで手一杯になってしまい、たんぱく質を吸収するところにまで手が回らなくなってしまうのです。
どうせあまり吸収されないのですから、頑張ってプロテインなどを飲んでもほとんど意味が無くなってしまいます。

本当に、筋トレにとってアルコールは悪影響にしかならないんです!
止められるのであれば止めるべきですし、そもそもお酒を飲んでいない方なのであれば「筋トレのストレスを解消するためにもアルコールを摂取しよう」なんて絶対に考えないようにして下さいね。

お酒を飲んでも大丈夫な条件まとめ

それでもお酒を飲みたいのであれば以下の事を意識しましょう。
そして、飲むと決めた日はウジウジせずに気持ち良く飲むようにして下さいね。
罪悪感を抱きながら飲んでいては、せっかくのお酒が楽しめません。

まず、筋トレをした日はお酒を飲みません。
また、お酒を飲むのであれば筋トレはしません。
車における「飲むなら乗るな、乗るなら飲むな」みたいですね。

そして、お酒を飲む「前」にたんぱく質を摂取して、できるだけ吸収させておくようにしましょう。
吸収しなければならない事も考えると、あまり直前にたんぱく質を摂っても意味が無いので余裕を持って摂取しておくようにしましょう。

そして、大事なのが「糖質ゼロ」のものを選ぶ事です。
「糖質カット」では不十分です。
例えば、糖質ゼロの日本酒や糖質ゼロのビールであれば比較的簡単に見つかるはずです。
また、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒も基本的にOKです。
何にせよ、表示を見て確実に糖質ゼロであるものを選ぶようにしましょう。