糖質制限はやはり重要!

糖質制限ダイエットの根底に流れる考えは「糖質こそが太る原因である!」というものです。
日本では有名な医者が始めたものであり「一般人がなんとなく」という感じではないので、かなり信頼性は高いと思います。

実際、プライベートジムで結果を出している人は全員がやっています。
言い換えれば「プライベートジムに通う場合は、絶対に糖質制限のためのプランも組まれる」という事です。

糖質制限だけでなく、食事のバランスも含めてしっかり管理できるのであれば、絶大な効果が得られると言われています。

ちなみに、糖質「制限」ですから、糖質「抜き」ダイエットとは異なります。
後述しますが糖質抜きダイエットは危険なので絶対に止めましょう!

糖質制限の魅力3点

糖質制限と聞いただけでゾッとしてしまった方もいると思いますが、これから紹介する糖質制限の魅力を知れば、むしろ糖質制限を始めたくなるかもしれません。

1:糖質さえ制限すれば痩せられる

糖質制限の魅力の一つに「糖質以外は制限しなく良い」というある意味でのシンプルさがあります。

ただし、例えば「淡水化物(うどん、ごはん、パン等)」、「とんかつやテンプラの衣」、「根菜(玉葱、大根、レンコン、ニンジン、大根)」などはNGなので気を付けましょう。
特に「野菜」の中にも駄目なものがあるというのが意外ですよね。

制限方法ですが、2食だけ糖質制限したり、夕食だけ糖質制限したりなどバリエーションがありますので自分に合った方法で始めるようにしましょう。

それから「糖質さえ避ければいいんだ」と完全に思考停止するのも駄目です。
「糖質以外の栄養素のバランス」にも気を遣う必要があるからです!

2:糖質以外であれば何を食べても良い

1とも繋がるわけですが糖質さえ避ければ良いので、結構美味しいものが食べられます。

例えば、私個人としても大好きなカレーです。
カレーのスパイスには糖質が入っていないんですね。
ただし、カレーの具材には当然気を付ける必要があります!

それから、衣は無いわけですから唐揚げを作る事もできます!
「唐揚げカレー」なんて美味しそうですよね(学生時代の学食にありました笑)。

ですから、糖質制限と言えども案外色々なものが食べられます。
糖質を避けるようにすれば楽しい食生活を送りながら痩せる事ができるというわけです。
また、無理に運動をする必要もありません。

3:アルコールもOK!

もちろん糖質がないものを選ぶ必要がありますが、アルコールもOKです。
例えば糖質0の日本酒、糖質0のビールなどですね。
蒸留酒(焼酎、ウイスキーなど)も大丈夫です。

ただ、カクテル、ワイン、ビール、日本酒など、基本的には糖質が入っているものの方が多いので、栄養分表示などをしっかりチェックするようにしましょう。

ぶっちゃけ糖質制限はキツイの?

まあ、キツくないとは言えません……。
無理をして(糖質『抜き』などをして)栄養不足で倒れてしまう方もいるくらいです。
また、本当はきちんと調べれば色々なバリエーションが出てくると思いますが、食べられるものがなくてキツくて投げ出してしまう方もいます。

結局大事なのは「事前知識」です。
きちんとした知識を得てからチャレンジすれば「あ、案外大丈夫だな」となるでしょうが、薄い知識のままチャレンジすると「ああ、ムリムリムリ!!」となってしまう可能性が高いです。

それから、当然全部の食事で糖質制限をする必要もありません。
週に1度くらいは好きな物を食べてOKです。
と言うより、それくらいのペースで食べた方が良いと思います。

とにかく、極端な事はしないようにして、バランスを考えながら徐々に慣らしていく事が理想です。