加圧シャツだけでダイエットは可能なの?

一般的には「加圧シャツ」という呼び方をしますが「着圧シャツ」という呼び方もあります(私もたった今、ネットで調べてこの呼び方を知りました笑)。

まあ、なんとなくお察しの方が多いと思いますが、あくまで「着るだけ」ですから、加圧シャツだけで劇的に痩せることは難しいと言われています。
そんなに世の中甘くないという事ですね……。

ですが、もちろん一定の効果は望めます。
が、加圧シャツを着るだけでなく、食生活を改善していく必要もあるので頑張りましょう。

「加圧シャツをきちんと着る」「食生活を改善する」という両方がきちんと行えるのであれば、加圧シャツで痩せられると言われています。

「結局、食生活頼りなんじゃん……」と思うかもしれませんが、ただ食生活を整えるだけよりも、加圧シャツをプラスした方がより大きな効果が得られると言われています。

加圧シャツの仕組み

ここからは、加圧シャツの仕組みを紹介していきます。
お読み頂ければ「ただ、着るだけでなぜ?」という疑問がきっと解決できるはずです。

1:加圧でギュッと締め付ける

加圧シャツを着ると、身体全体が締め付けられます。
全体ですから、苦しさはほぼ感じないはずです。
寝る前には脱いだ方が良いと言われていますが、仮に24時間着続けたとしても大丈夫なくらいです。

そして、加圧シャツを着ているとドローイン(お腹を凹ませる)が「無意識」に行えると言われています。
このドローインを普通のシャツを着ている場合は「意識的」に行う事になりますので、もしかしたら加圧シャツの一番のメリットであると言えるかもしれません。
ちなみに、ドローインで痩せたという実験報告もありますので期待大です。

ちなみに、加圧シャツの加圧レベル、つまり「締め付け具合」はメーカーによって異なります。
中には締め付けが弱すぎる粗悪品もあるようなので、購入する前にきちんと吟味するようにしましょう。

2:姿勢を補正する

これは「締め付け」以外の部分から望める効果です。
加圧シャツはただ締め付けるだけの商品ではないという事ですね。

加圧シャツは伸びる素材ですから、自然と背筋が引っ張られます。
その「引っ張り」によって姿勢が補正されると言われています。
もちろん、この引っ張る力も苦しくない力なので安心です。

そして、姿勢が補正される事で正しく代謝が起こって痩せやすくなると言われています。

また、姿勢が変わるとやっぱり自信が湧いてきますよね。
反対に姿勢が悪いと何となく気持ちが暗くなってきたりして……(笑)。

3:空腹を感じにくくなる

ちょっと意外かもしれませんが、締め付けられる事によってお腹が空きにくくなって、食べ過ぎ防止の効果が得られると言われています。
これは「空腹を『我慢』しやすくなる」という感じではなく、「意識しなくても食べなくなる」という感じに近いと言われています。

なぜ、こういう事が起きるかと言うと「食べてお腹が膨らみ過ぎるときつくなるから」だと見られています。

食事量が減る事でだんだん胃が小さくなっていきますので、加圧シャツを着ていなかったとしてもあまり食べなくても良くなっていくはずです。

加圧シャツと食事面を頑張る事で結果が出やすくなる

上記のように、加圧シャツにトレーニング効果が期待できる事は確かですが、実際には他の部分でも頑張っていく必要があります。

具体的には、やはり「食事」です。
食事でもう一工夫したいところです。

まずは、筋トレ生活の基本である「たんぱく質中心の食事」を心掛けていきましょう。

加圧シャツを着ている事から、食事量は無理なく減らせるはずです。
そして、食事量が減る代わりに食事の回数を増やしていきましょう(5回くらい)。
そして、当然1日のトータルのカロリー量が減るようにしていきます。
そうでないと意味がありません。

そして、もちろん加圧シャツは毎日着るようにしましょう。
「毎日」と聞くとちょっと大変に思えるかもしれませんが、とにかくただ着るだけですから、すぐに慣れる事ができるはずです。